話題のゼロ磁場パワースポットとは

今訪れたいパワースポットになってる仏閣

伊勢神宮の「ゼロ磁場」スポットとは?

パワースポットという言葉が一般的に使われるようになってすでに10年以上経ちましたが、依然としてパワースポット巡りのブームは拡大しています。
そんなパワースポットブームですが、最近はそのパワースポットの中でも特別パワーを持つ場所があると言われています。
それが今回ご紹介する「ゼロ磁場」スポットと呼ばれている場所です。
では、そもそも「ゼロ磁場」とはどのような場所なのでしょうか?

「ゼロ磁場」という言葉から磁場の無い場所なのかなと思った方もいらっしゃると思いますが、そうではありません。
地球から発せられている磁場にはN極とS極があり、その磁力の流れが安定しているのが一般的ですが、「ゼロ磁場」と言われる場所では地表近くでそのN極とS極がぶつかり合い、互いの力を打ち消し合っていると言われています。
ですので、「磁場が無い」のではなく「磁場がせめぎ合っている」場所といったほうが正しいでしょう。

「ゼロ磁場」は活断層が多い場所に存在しています。
日本の有名なパワースポットと言われる場所の多くも、実はこの活断層の上にある場所が集まっています。

この「ゼロ磁場」スポットでは様々な効果を感じる方が多数いらっしゃるようです。
例えば肩こりが治った、腰痛が治った、昔の事故の後遺症が治った、足が悪かった犬が帰り道には普通に歩けるようになったなど、にわかには信じ難いようなことを実感されているかたもいらっしゃるようです。
これも先程説明したとおりN極とS極がぶつかり合う、通常よりも強い力が集まっている「ゼロ磁場」なのかもしれませんね。

このような非常に強いパワーが集まっている「ゼロ磁場」にある神社仏閣をご紹介していきたいと思います。

おすすめリンク

今注目される念仏宗の秘密

世界中で広がる仏教ブームから念仏宗が注目されています。その全貌はどの様なものなのでしょうか。

最強のパワースポット「ゼロ磁場」とは?

伊勢神宮というと「お伊勢参り」という言葉が出てくるぐらい一般に親しまれている神社です。 昔からパワースポットとして全国から人々が参拝目的で来る場所ですが、実はこの伊勢神宮の内宮の一つが「ゼロ磁場」スポットとして注目されています。 こちらでは、伊勢神宮の「ゼロ磁場」についてまとめていきます。

諏訪大社について

諏訪大社は長野県の諏訪湖の周辺にある神社です。 通称で「お諏訪さま」や「諏訪大明神」など、親しまれています。 こちらも「ゼロ磁場」スポットとして注目されており、その他にも非常に強力な力の集る場所となっています。 ここでは、その力の集まる理由をまとめていきます。

豊川稲荷(妙儼寺)について

稲荷というと神社だと思う方もいらっしゃると思いますが、豊川稲荷は実は神社ではなくお寺です。 狐の像がたくさん祀られていることで有名で、こちらも「ゼロ磁場」スポットとして注目されています。 豊川稲荷のどの場所に強力な力が集まっているかをまとめていきます。